日本の紬はある島に中国の養蚕技術が持ち込まれて発達しました。その島はどこでしょう。

久米島(くめじま)

久米島紬(くめじまつむぎ)は、15世紀後半に、「堂之比屋(どうのひや)」という人物が、久米島に中国の養蚕技術を持ち帰ったことが起源とされています。久米島紬の特徴は、糸紡ぎから織りの全工程を一貫して1人の織子(おりこ)が手作業で行なうこと。染料には久米島の植物や泥を使い、織りは手投杼(てなげひ)を用いて丹念に手織りで織り上げます。それにより、久米島紬独特のしなやかな風合いと、素朴であたたかみある紬に仕上がります。

「和」を知る・「和」を楽しむ・「和」を伝える日本のスペシャリストになろう!

団体名:

一般社団法人 日本伝統文化検定協会 

団体代表・責任者:

理事長 境 克彦

所在地:

〒104-0061 東京都中央区銀座5-15-8

TEL&FAX:

TEL03-3524-6550 FAX03-6831-3153 

Eメール:

info@denken-test.jp

利用料金:

商品毎に表示、消費税込み 

その他の料金:

なし

支払い方法:

クレジットカード決済、コンビニ決済、ペイジー決済

支払い期限:

クレジットカード:注文確定時
コンビニ決済:10日以内 ペイジー決済:10日以内

申込み方法: 

公式サイト上のオーダーフォーム

キャンセルについて:

原則としてキャンセルに応じることはできません