805年に中国から茶の種を持ち帰り栽培した留学僧は誰でしょう。

最澄

日吉大社(滋賀県大津市)に伝わる「日吉社神道秘密記」によると、遣唐使として唐で仏教や大陸文化を学んだ最澄が805年に唐より茶の種を持ち帰り、比叡山の麓(現在の滋賀県大津市)に植えて栽培したという。現在でも日本最古の茶園「日吉茶園」として存続しており、毎年八十八夜には「茶摘祭」が行われ、日吉大社と延暦寺に新茶が献じられています。

「和」を知る・「和」を楽しむ・「和」を伝える日本のスペシャリストになろう!

~伝統にまつわるクイズやコラム発信~

一般社団法人日本伝統文化検定協会(以下、伝検協会)は本日、従来のお知らせサイトをリニューアルし、公式ウェブサイトをオープンさせました。

【伝検公式ウェブサイト】

伝検の詳細や、最新情報、日本の伝統文化にまつわるクイズ・記事・コラムなどをご覧いただけます。今後は、伝検公式テキストの購入や、検定試験、対策講座の申し込みなどもできるようになります。ぜひご注目ください。

伝検は、学習・出題分野として、「陶磁器・硝子(ガラス)」「和紙・染織」「金工・木漆工」「伝統色・紋様」「庭園・建築・美術」「茶道・和菓子・日本茶」「食文化・歳時記」「芸能」の8ジャンルを設定。第1回の検定を年内に実施する予定です。

【問い合わせ先】
▼一般社団法人 日本伝統文化検定協会
住所:東京都中央区銀座5-15-8 時事通信ビル
電話:03-3524-6550(事務局代表)
Eメール:info@denken-test.jp